オーネット・コールマンとジョン・ルイスとレスター・ケーニッヒ

オーネット・コールマンが世に出る契機を作り出したのは、コンテンポラリー・レーベルの社長、 レスター・ケーニッヒに認められたから。

では、なぜ彼がオーネット・コールマンを知ったのかというと、MJQ(モダン・ジャズ・カルテット)のピアニストがレスターに紹介したため。

オーネットのことを滅茶苦茶だの、音楽じゃないだのと非難する声も多かった当時、ジョン・ルイスは正確に彼の才能を見抜いていたのだ。

今のオーネットがあるのは、ジョン・ルイスあってのことと言えなくもない。


▼出生作
サムシン・エルス! [SHM-CD] [廉価版] / オーネット・コールマン
サムシン・エルス! [SHM-CD] [廉価版] / オーネット・コールマン

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック