クロード・ソーンヒル

マイルス・デイヴィスが『クールの誕生』を制作するにあたって、もっとも参考にしたのがクロード・ソーンヒル・オーケストラだった。

このオーケストラは、最初はダンス・バンドだったが、ギル・エヴァンスが加わったあたりから、モダンで先進的なアレンジを演奏するグループに変貌していった。

特にフレンチ・ホルンを加えたことによってサウンドの佇まいに大幅に変化をもたらした。

マイルスが『クールの誕生』にフレンチ・ホルンを起用しているのも、ソーンヒル・オーケストラの影響によるものだ。

クールの誕生
クールの誕生

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック