ブライト・アンド・ブリージー レッド・ガーランド

bright_breezy.jpg
Bright And Breezy/Red Garland

プレスティッジから出まくっている
レッド・ガーランドのリーダー作群、
個人的には、どれもが好きなのですが、
なかには「金太郎飴」、「同じテイスト」と感じる人も
少なくないようです。



だったらコレ!

⇒『ブライト・アンド・ブリージー』。



聴きなれたチェンバースのベースとガーランドのピアノが醸し出す雰囲気、

それが、

ベーシストがサム・ジョーンズになるだけでも、
ずいぶんとピアノトリオの表情が変わって聞こえます。


「プレスティッジ耳」になた時には新鮮な一枚ですね。




▼収録曲
1. On Green Dolphin Street
2. I Ain't Got Nobody
3. You'll Never Know
4. Blues In The Closet
5. What's New
6. Lil' Darlin'
7. What Is There To Say?
8. So Sorry Please


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック