ワールド・ツアー/ザヴィヌル・シンジケート


このスピード感、やっぱり気持ちいですね。

ザヴィヌル・シンジケートの『ワールド・ツアー』。


world_tour.png


やはり、リチャード・ボナのベースが良いですなぁ。


あと、ジョー・ザヴィヌルのキーボードの音色が、
クリーミィというか柔らかげなものが多いので、和みます。


と同時に、恐るべき瞬発力というかバンドのコントロール力。


緩急のコントロールは、
ウェザー時代以上に進化しているかもしれません。


World Tour
World Tour


▼レビューはこちらです。
http://cafemontmartre.tokyo/music/world_tour_zawinul/

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック