省エネ奏法が生み出す歌心~ポール・チェンバースのベース

bass on top.jpg
Bass On Top/Paul Chambers


昔書いた、チェンバースのベース奏法に関してのテキストを
加筆してみました。

▼こちらです
省エネ奏法が生み出す歌心~ポール・チェンバースのベース


チェンバースの『ベース・オン・トップ』は、
アルコ奏法の《イエスタデイズ》だけではなく、
ピチカート奏法の《帰ってくれればうれしいわ》にも注目してみよう!


最初はもこもこメロディが。
ところが聴いているうちに、じわじわと染みてくるんですよ。





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック