ニューリー・ディスカヴァード・サイズ/チャーリー・パーカー



すべてのパーカー音源が「緊張感」を強いられるものではありません。


たとえば、風呂上りにピッタリの『ウィズ・ストリングス』とか、

テキーラ飲みながらゴキゲンに聴ける『フィエスタ』なんかは、

コーヒーを飲みながら腕を組んで
「じっくり」鑑賞するよりも、
能天気に「いい気分だなぁ~」といいながら
聴くほうが合っているかもしれません。


まあ上記2枚は、ジャズファンの間では、
「定番」的な「リラックス・パーカー」なんですが、
もう1枚、のほほ~んとした気分で聴ける音源があります。


『ニューリー・ディスカヴァード・サイズ』。

すべての演奏が「のほほん」ではないのですが、
《中国行きのスローボート》が、心の良いマッサージ源です。


これは、パーカーというよりも、
テナーのラッキー・トンプソンのお陰でもあるのですが、
ロリンズの名演の《中国行きのスローボート》とは一味違う、
楽しいスローボートを楽しめると思います。

Newly Discovered Sides
Newly Discovered Sides

▼収録曲
1. 52nd St. Theme
2. Night In Tunisia
3. Slow Boat To China
4. Groovin' High
5. Big Foot
6. Hot House

▼レビューはこちらです。
ニューリー・ディスカヴァード・サイズ/チャーリー・パーカー


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック