この感動を捉えたのは、たったのマイク一本だったなんて! ベニー・グッドマンの『カーネギーホール』


久々にベニー・グッドマンを鑑賞。


カーネギー・ホールのコンサートです。


goodman.png


聴き所はたくさんあるのですが、
全体を覆う楽しげなムード、
ハッピーな熱狂が、時空を超えて
21世紀のニッポン・東京にも伝わってくる不思議。


しかも、この熱狂と感動を捉えたのが、
たった一本のマイクだったんですよね。


これも凄い!


再生技術よりも録音技術のほうが進んでいたということも
もちろんあるのでしょうが、
それも素晴らしい演奏と、
その演奏がふるわせたカーネギー・ホールの空気があってこそ。


やっぱり、良いものは時代に関係なく良い。


そんな当たり前のことを確認させてくれるディスクなのです。


ライヴ・アット・カーネギー・ホール・コンサート1938(完全版)
ライヴ・アット・カーネギー・ホール・コンサート1938(完全版)

▼収録曲
disc1
1. ベニー・グッドマン・1950・イントロダクション
2. その手はないよ
3. サムタイムズ・アイム・ハッピー
4. ワン・オクロック・ジャンプ
5. 拍手喝采~「トウェンティ・イヤーズ・オブ・ジャズ」へ
6. ディキシーランド・ワン・ステップ(センセイション・ラグ)
7. 私はヴァージニアへ
8. 僕の恋人が笑いかけたら
9. シャイ
10. 恋しき幻想
11. 拍手喝采~「ベニー・グッドマン・オーケストラ」へ
12. 人生がパーティに
13. ジャムセッション準備
14. ハニーサックル・ローズ
15. 拍手喝采~「ベニー・グッドマン・スモール・グループ」の準備
16. 身も心も
17. 拍手喝采~ライオネル・ハンプトン登場
18. アヴァロ
19. 私の彼氏
20. アイ・ガット・リズム
21. ポーズ・トラック

disc2
1. ブルー・スカイズ
2. ロック・ロモンド
3. 拍手喝采~ベニー・グッドマンによる「ノー・アンコール」アナウンス
4. ブルー・ルーム
5. ロッキーでスウィング
6. 拍手喝采~マーサ・ティルトン、ステージへ
7. 素敵なあなた
8. 拍手喝采~「ベニー・グッドマン・スモール・グループ」の準備
9. チャイナ・ボーイ
10. サヴォイでストンプ
11. 拍手喝采~プログラム変更~ベニー・グッドマン・カルテット
12. ディジー・スペルズ
13. 拍手喝采~ベニー・グッドマン・オーケストラによるフィナーレへ
14. シング・シング・シング
15. 拍手喝采~アンコールへ
16. イフ・ドリームズ・カム・トゥルー
17. 拍手喝采~2回目のアンコールへ
18. ビッグ・ジョンズ・スペシャル
19. ポーズ・トラック
20. イントロダクション (BENNY GOODMAN 1950 TUNE-BY-TUNE INTRODUCTIONS)
21. ベニー・グッドマンによる「その手はないよ」の紹介 (BENNY GOODMAN 1950 TUNE-BY-TUNE INTRODUCTIONS)
22. ベニー・グッドマンによる「トウェンティ・イヤーズ・オブ・ジャズ」の紹介 (BENNY GOODMAN 1950 TUNE-BY-TUNE INTRODUCTIONS) (PREVIOUSLY
23. ベニー・グッドマンによる「恋しき幻想」の紹介 (BENNY GOODMAN 1950 TUNE-BY-TUNE INTRODUCTIONS)
24. ベニー・グッドマンによる「人生がパーティに」の紹介 (BENNY GOODMAN 1950 TUNE-BY-TUNE INTRODUCTIONS)
25. ベニー・グッドマンによる「身も心も」の紹介 (BENNY GOODMAN 1950 TUNE-BY-TUNE INTRODUCTIONS)
26. ベニー・グッドマンによる「アヴァロン」の紹介 (BENNY GOODMAN 1950 TUNE-BY-TUNE INTRODUCTIONS)
27. ベニー・グッドマンによる「ロッキーでスウィング」の紹介 (BENNY GOODMAN 1950 TUNE-BY-TUNE INTRODUCTIONS)
28. 終演 (BENNY GOODMAN 1950 TUNE-BY-TUNE INTRODUCTIONS)

▼レビューはこちらです。
ライヴ・アット・カーネギー・ホール/ベニー・グッドマン

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック