クリフォード・ブラウンが弾くピアノ



トランぺッターではありますが、
クリフォード・ブラウンはピアノもうまい!


エリック・ドルフィーの自宅で
ブラウニーが弾いたプライベート録音を聴いていると、

ごくごく初期のホレス・シルヴァーに
似ているところも散見されるんですよね。


ということは?


やはり、ピアノ面においては
ブラウニーもパウエルの影響を受けているんですね。


シルヴァーの初期のスタイルは、
バリバリの「パウエル派」ともいるスタイルでしたから。


さらに。


ブラウン・ローチ・クインテットのピアニストは、
バド・パウエルの弟のリッチーでしたから。


そのあたりの影響もあるのかもしれませんね。


とにもかくにも、
とても興味深いプライベート録音の『トゥゲザー』。


音は悪いけれども、
興味深いドキュメントですので、
ブラウニー好き、
ドルフィー好きは是非、聴いてみてください。


TOGETHER RECORDED LIVE AT DOLPHY'S
TOGETHER RECORDED LIVE AT DOLPHY'S


▼レビューはこちらです
トゥゲザー 1954/クリフォード・ブラウン+エリック・ドルフィー


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック