エリック・ドルフィーの変遷


特徴あるエリック・ドルフィーの吹奏スタイル。

dolphy.png

唯一無二の非常に特徴的なフレージングです。

一度彼の表現スタイルがインプットされてしまえば、
一聴するだけで、誰もがエリック・ドルフィーだと認識できるでしょう。

しかし、彼の特徴あるスタイルも、
活動期間の初期と後期とでは随分と違います。

たとえば、『アウト・ゼア』と、
『アウト・トゥ・ランチ』とでは、
音色とニュアンスは同一ながら、
「間」と「フレージング」に関しては、
まったくの別人のようです。

それについて、過去にまとめた考察を
再編集してみました。

よろしければ、ご覧ください。

「横」→「縦」へ! エリック・ドルフィーの深化

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック