エヴァンスとともに過ごす休日の提案



エヴァンス好きの休日の過ごし方の提案。


ヴィレッジ・ヴァンガードのライヴの
「コンプリート盤」を通し聴きする!


ベースがスコット・ラファロ、
ドラムスがポール・モチアンの時のトリオのライヴね。


この時期のエヴァンスは、
ヴィレッジ・ヴァンガードでライブを行い、
3枚のアルバムとして編集されて出ています。

『エクルプロレーションズ』
『ワルツ・フォー・デビー』
『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』

の3枚ですね。


しかし、アルバム単位で出されたものではなく、
当日演奏された、演奏の流れ順に
ドキュメントとして聴くのです。

コーヒー飲んだり、
読書をしたりしながら。


すると、未発表の演奏もあるにはあるのですが、
聴きなれ慣れた曲も、
順序が変わるだけで、
かなり新鮮に聞こえる。


休日の午後から夕方にかけての「エヴァンス通し聴き」。


これ、やってみたけど、
なかなか充実した1日を過ごせた気分になりますよ。(・∀・)b


Complete Village Vanguard Recordings 1961
Complete Village Vanguard Recordings 1961

▼収録曲
ディスク:1
1. Spoken Introduction
2. Gloria's Step (Take 1, Interupted)(First U.S. Release)
3. Alice In Wonderland
4. My Foolish Heart
5. All Of You (Take 1)
6. Announcement And Intermission
7. My Romance (Take 1)
8. Some Other Time
9. Solar

ディスク:2
1. Gloria's Step (Take 2)
2. My Man's Gone Now
3. All Of You (Take 2)
4. Detour Ahead (Take 1)
5. Discussion Repertoire
6. Waltz For Debby (Take 1)
7. Alice In Wonderland (Take 2)
8. Porgy (I Loves You, Porgy)
9. My Romance (Take 2)
10. Milestones

ディスク:3
1. Detour Ahead (Take 2)
2. Gloria's Step (Take3)
3. Waltz For Debby (Take 2)
4. All Of You (Take 3)
5. Jade Visions (Take 1)
6. Jade Visions (Take 2)
7. ...A Few Final Bars


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック