ヤンシー・キョロシーのピアノ



一聴、オーソドックスに感じるかもしれませんが、
聴けば聴くほど、
なんかヘン。


そのヘンさが気持ち良くなってくる。


ヤンシー・キョロシーのピアノは、
なかなかユニークです。

ルーマニア出身、
ドイツに亡命、
そして亡命中のレコーディングした
『アイデンティフィケーション』。


久々に聴いて、
「イイね♪」とニヤリとしてしまいました。


オリジナル曲の《アイデンティフィケーション》が
もっとも彼の個性が出ている演奏ではありますが、


むしろ、さまざまなジャズマンが演奏する、
《オール・ザ・シングス・ユー・アー》のような
スタンダードナンバーのほうにも、
じんわりとユニークな個性が表出しています。


アイデンティフィケーション
アイデンティフィケーション

▼収録曲
1. オール・ザ・シングス・ユー・アー
2. バイ・バイ・ブラックバード
3. ソロウ
4. 星影のステラ
5. アイデンティフィケーション
6. 捧ぐるは愛のみ
7. アイム・オン・マイ・ウェイ
8. サヴォイでストンプ


▼レビューはこちらです。
アイデンティフィケーション/ヤンシー・キョロシー


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック