ザ・ニアネス・オブ・ユー レッド・ガーランド

Nearness of You.jpg
Nearness of You/Red Garland

メランコリックな響きと
希望を感じさせる響きが
交互に出てくるレッド・ガーランドのブロックコードを
昔から愛してやみません。


明るさとブルーな感触の配合比は
曲によって異なるのですが、
タッチの強弱の付け方が
他の演奏よりもデリケートで、
メランコリックさが少々勝っている
《ホワイ・ワズ・アイ・ボーン》のテーマ部が
妙に心の奥に染み込んでくる日もあります。


このようなスローバラードでのガーランドは、
響きによる陰影のつけ方が巧みですね。


乾いた都会の生活に一滴の潤い

……というと、ちょっとクサいですが、
人間関係に疲れた夜などに
お酒でも飲みながら(コーヒーでもいい)
じっくりと耳を澄ませば、
ガーランドのピアノが
きっとあなたの心を優しく包んでくれることでしょう。


《ラッシュ・ライフ》なんか
辛いことがあった人は
泣き出してしまうかもしれません。


『ニアネス・オブ・ユー』は、
ガーランドのアルバムの中でも、
けっこう「甘口」の部類にはいるため、
ふだんは滅多に聴かないアルバムですが、
決して暗くならなおシンミリ感が素敵なアルバム。


たまたま、iTunesがシャッフル選択した
《ニアネス・オブ・ユー》に耳をわし掴みされて、
結局アルバムラストまで聞き入ってしまいました。



▼収録曲
1. Why Was I Born?
2. The Nearness Of You
3. Where Or When
4. Long Ago And Far Away
5. I Got It Bad (And That Ain't Good)
6. Don't Worry About Me
7. Lush Life
8. All Alone

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック