セシル・マクビーの指 山下洋輔の《マイ・フェイヴァリット・シングズ》



ジャズのベースを習い始めると、

というか、習わなくても、

ジャズの4ビートのベースを弾いていると、

エレベ、ウッベどちらのベースでも、
クラシックのコントラバスを弾くような指使いになってきます。


親指をネックの裏側にあてて、
残りの4本指を弦の上に置くような
「あのカタチ」です。


このフォームが、弾いていてラクな上に、
正確な場所に指を着地させやすいからです。


少ない動きで、たくさんの音域がカバーできるというメリットもあります。


だから、「動くベースライン」には最適な指のカタチといえましょう。


しかし、このフォームを守って、
ひたすら同じパターンを繰り返すことになると、
フレーズ(リフ)の内容にもよりますが、
だんだん、手が疲れてくることがあります。


私なんかは、曲によっては、
左手の手のひらの真ん中あたりが、
グリグリとした痛みを感じてくることもあります。


ひとつのパターンを繰り返よりも、
色々な音を拾って奏でたほうが
ラクなフォームでもあるのです。


だから、私の場合、
ひたすら同じリフや反復フレーズを繰り返す曲の場合は、
「ジャズ的」な持ち方ではなく
「ロック的」な握り方をすることも
時と場合によってはありますね。


どの持ち方が良い、悪いというわけではなく、
ケース・バイ・ケースで対応できて、
「サウンズ・グッド!」なのが一番だと思ってますから。


ところで。


山下洋輔の『プレイズ・ガーシュウィン』という
ピアノトリオのアルバムがあるのですが、
このアルバムに収録された《マイ・フェイヴァリット・シングズ》、
ベースがひたすら同じ反復パターンを繰り返すのですね。


そのベースのパターンも、
結構忙しいのですが、
このフレーズを奏でるには、
通常のコントラバスを弾くときのようなフォームでないと
あのスピードでは、無理だと思われます。

(あくまで、私が自分でベースで音をなぞった感触ではそう感じました)

しかし、あの持ち方、
あのスピード、あの指の規則的な動き……


結構、疲れるんですよ。


とういか、シンドイ。


持久力のない私は、次第に手のひらがグリグリしてくる。


しかし、さすがはセシル・マクビー。


finger_mcbee.jpg



フェーロン・アクラフの猛然としたドラム攻撃や、
山下洋輔の鍵盤連打攻撃にもひるむことなく、
ひたすら「例のパターン」をベースで繰り返し続けています。


なんたる体力、
なんたる持久力。


あっぱれ、これぞベーシスト!


ま、私が単にヘボいだけなんですが……┐(-。ー;)┌

それにしても、演奏の最初から最後まで、
ほとんど、例のパターンを繰り返し続けるだけではなく、
鋭く攻撃的な低音の勢いも失せるどころか、
ますます音にエッジが加わってきているのには
唖然とするほかありません。


比較的穏やかなスタンダードの演奏も多く
聞きやすい内容のアルバムではあるのですが、
《マイ・フェイヴァリット・シングズ》が始まったときだけは、
私の場合、無意識に傍らにあるウッドベースのネックを無意識に握り、
鼻息荒く、演奏にあわせている自分がいるのです。


そして、ヘバる……。
今度は、エレキベースを手に取り、
しばらく演奏して、
そして、ヘバる……。 (ノ_-。)



▼『プレイズ・ガーシュイン』の収録曲
1. わが恋はここに
2. 霧深き日
3. マイ・フェイヴァリット・シングス
4. バット・ノット・フォー・ミー
5. 愛するポーギー
6. イット・エイント・ネセサリリー・ソー
7. アイ・ゴット・リズム
8. やさしき伴侶を
9. エンブレイサブル・ユー





▼レビューはこちらです
プレイズ・ガーシュウィン/山下洋輔


この記事へのコメント

  • 八神かかし

    わたしもベースを習ってみようかなって、読んでいたら思えてきます。

    もうじき4月。近所のショッピングモールに出店しているレコード屋さんというか、楽器屋さんでいわゆる「オトナの楽器教室」にエレキベースのコースがあるそうな。どの道下手の横好きなんだから、どうせならウッドベースと思っているのですが、これがなかなか見当たらない。でも、体験無料コースってのがあるようだから、先ずそこに参加してみよう、などと思っております!!

    ベースって、決して派手なパートではないけど、カッコいい!!
    2015年03月23日 12:40
  • 八神さん

    ぜひ、習ってください!

    ベース楽しいですよ。

    自分が演奏の一翼を担っているという自負と喜び、
    そして、
    人のプレイを聴ける喜び。

    一粒で二度おいしいパートなのです。(・∀・)b
    2015年05月05日 10:12

この記事へのトラックバック