spy vs. spy ジョン・ゾーン



痙攣するほどのアルトサックスの音色とスピード、
これほどノイジーでありながら、
これほど「オーネット・コールマン」を感じさせるアンサンブルも珍しい。

ジョン・ゾーンの『スパイ vs. スパイ』。

オーネットを知り尽くしているからこそ
ここまでオーネットをぶっ壊して
オーネットを再構築することが出来たんだろうね。

とにかく、聴いた後は、
まるでスポーツで汗を流したような爽快感。

これほどキンキンに冷えたコーラを
ガブ飲みしたくなる音楽も珍しいです(笑)。

Spy Vs Spy
Spy Vs Spy


▼レビューはこちらです。
スパイ vs スパイ/ジョン・ゾーン


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック