イッツ・アバウト・タイム ジョー・モレロ 



ブルーベックの《テイク・ファイヴ》でドラムを叩いている人。


ジョー・モレロに対しての認識は、
多くの方は、それぐらいのものなのかもしれません。


しかし、彼のさり気ない超絶技巧も素晴らしいのですが、
テクニカルな面だけではなく、
歌心ある柔軟性のあるドラマーだということがよくわかるのが、

彼のリーダー作の『イッツ・アバウト・タイム』です。


フィル・ウッズが参加しているところに注目です。

さらに!

少年時代のゲイリー・バートンも参加している。


色々と、このようなトピックスがあるわりには、
あまり知られていない、
あまり聴かれていない。

知る人ぞ知る隠れ名盤なんですな。


イッツ・アバウト・タイム
イッツ・アバウト・タイム

▼収録曲
1. 時さえ忘れて
2. タイム・アフター・タイム
3. エヴリ・タイム
4. さよならを言うたびに
5. ジャスト・イン・タイム
6. サマータイム
7. タイム・オン・マイ・ハンズ
8. マザー・タイム
9. ファザー・タイム
10. イッツ・アバウト・タイム


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック