マイ・ファニー・ヴァレンタイン ビル・エヴァンス ジム・ホール



たしか日曜日の朝、
フジテレビのバラエティ番組だったと思うけど、
(番組名は忘れた)


一般人の家庭を尋ね、
箪笥の中にある洋服で、
主に主婦の方を見違えるようにコーディネイトするという
番組内のコーナーがあるんですね。


同じ服でも、コーディネイト後は
まるで見違えるようになるんです。


そのギャップというか面白みが、
このコーナーの醍醐味なんですが、


ビル・エヴァンスとジム・ホールによる
《マイ・ファニー・ヴァレンタイン》を聴くと
最近はなんとなく、
この番組のコーナーを思い出すんですよね。



《マイ・ファニー・ヴァレンタイン》という曲は
もちろん名曲です。


しかし、それをさらにシャープに、
さらに美しく。


同じ洋服でも、コーディネイト次第では見違える姿になるのと同様、
同じ曲でも、演奏次第では、見違えるほどの内容に生まれ変わる。


この演奏、ほんとに《マイ・ファニー・ヴァレンタイン》だったけ?

そう思わせるだけの改変力というか、演奏力、
そして、両者の美的センスが素晴らしいのです。(・∀・)b


Undercurrent
Undercurrent

▼収録曲
1. My Funny Valentine
2. I Hear A Rhapsody (Digitally Remastered)
3. Dream Gypsy (Digitally Remastered)
4. Romain (Digitally Remastered)
5. Skating In Central Park (Digitally Remastered)
6. Darn That Dream (Digitally Remastered)
7. Stairway To The Stars (1988 - Remaster)
8. I'm Gettin' Sentimental Over You (1988 - Remaster)
9. My Funny Valentine (Alternate Take)
10. Romaine (Alternate Take) (1988 - Remaster)



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック