ストリクトリー・コンフィデンシャル Jazz Giant



バド・パウエルの『ジャズ・ジャイアント』。


20数年愛聴しています。


愛聴しているということは、
何度も何度も聴いているということであり、


何度も何度も聴いているということは、

聴いている時期や気分によって、
好きな曲、
マイブームのような曲も変わってきます。



最近では《ストリクトリー・コンフィデンシャル》が好き。



《テンパス・フュージット》や、
《スウィート・ジョージア・ブラウン》のような
急速調テンポのナンバーもいいけど、


昨日や今日のようなポカポカとした秋の日差しには、
ミディアムテンポの《ストリクトリー・コンフィデンシャル》が
とても気持ちいいのです。


ピン!と立ったパウエルの芯の強いピアノの音色。


それを太くて柔らかい音で支えるレイ・ブラウンのベース。


分かりやすくてシンプルなベースラインを
大股歩きでゆったりとしたビートで支える
レイ・ブラウンのベースを聴くだけでも、
温泉につかったような気分になれるのです。( ̄。 ̄)ボ~~~~ッ


ジャズ・ジャイアント
ジャズ・ジャイアント

▼収録曲
1. テンパス・フュージット
2. シリア
3. チェロキー
4. アイル・キープ・ラヴィング・ユー
5. ストリクトリー・コンフィデンシャル
6. オール・ゴッズ・チルン・ガット・リズム
7. ソー・ソーリー・プリーズ
8. ゲット・ハッピー
9. サムタイムズ・アイム・ハッピー
10. スウィート・ジョージア・ブラウン
11. イエスタデイズ
12. エイプリル・イン・パリ
13. 身も心も



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック