ゼム・ダーティー・ブルース キャノンボール・アダレイ



これぞ、キャノンボールの3本指にはいるほどの傑作アルバムです!


なにせ、


《ワーク・ソング》に、

《ダット・デア》に、

《イージー・リヴィング》と、

有名曲、かつ名曲のオンパレード!



しかも、安定感ある演奏も素晴らしい。



そうそう、忘れてた。


個人的にはデューク・ピアソン作曲の
《ジーニー》が大好きな曲なんだけど、

このナンバーの名演とされる、
ドナルド・バードの『ハーフ・ノート』のライヴ盤と比較しても
甲乙付け難い出来なのであります。



この《ジーニー》で、
唯一「あれ?」なのは、
ラストのテーマの一カ所。


一番盛り上がる高音のメロディ1音が端折られているんです。


ある意味、この曲の一番おいしい箇所なんですがね……。


ラストのテーマも2回繰り返しているので、
最初の1回目を聴いたときは、
「あれ?間違いなのかな?」という違和感が残るのですが、

2回目のテーマのときも“例の箇所”が端折られているので、
きっと意図的なアレンジなのでしょう。


聞き手の想像力で
メロディを補えってことなのかな?


ま、かえってその方が効果的なのかもしれませんね。



いずれにしても、
ジャズ初心者にもわかりやすくノリやすい演奏なので、
安心してオススメすることが出来る1枚です。(・∀・)b


【HQCD】ゼム・ダーティ・ブルース
ゼム・ダーティ・ブルース

▼収録曲
1. ワーク・ソング
2. ダット・デア
3. イージー・リヴィング
4. デル・サッサー
5. ジーニー
6. スーン
7. ゼム・ダーティ・ブルース


▼こちらのページにレビューを書いています。
カフェモンマルトル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック