ブルース・ウォーク ルー・ドナルドソン



冒頭の数音で、そのアルバムのイメージを決定してしまうアルバムって、
だいたい名盤なんですよね。


たとえば、ソニー・クラークの『クール・ストラッティン』とか、
アート・ブレイキーの『モーニン』とか。


ルー・ドナルドソンの『ブルース・ウォーク』も同様。


バップ寄りで、勢いあふれる演奏の
《ムーヴ》や、
《コーリン・オール・キャッツ》のような曲もあるにもかかわらず、

1曲目の《ブルース・ウォーク》の冒頭の数音が強烈なため、
アルバム全体のイメージが、
このナンバーのカラーに染められてしまうという。


もちろん、悪いことではない。
これでいいのだ。(・∀・)b


やっぱり、たまに聴くと染みてくるね、『ブルース・ウォーク』。


ブルース・ウォーク

ブルース・ウォーク

▼収録曲
1.Blues Walk
2.Move
3.The Masquerade Is Over
4.Play Ray
5.Autumn Nocturne
6.Callin' All Cats


▼こちらのページにレビューを書いています。
カフェモンマルトル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック