Eclectic マイク・スターン エリック・ジョンソン



わたくし、ギターは弾けないんですが、
エレキギターの姿、形を惚れ惚れと見るのは大好きです。


もちろん、ベースをうっとり見るのも好きですが、
弾けないギターや、ヴァイオリンの姿・形を鑑賞するのも好き。


だから、私にとって楽器屋さんは美術館のようなものなんです。


買い物に行くこともありますが、
むしろ鑑賞しに行くことのほうが多いかも。



で、エレキギターの中でもとりわけ好きな形のものが、
テレキャス(テレキャスター)なんですね。


万能タイプのストラト(ストラトキャスター)って、
エレクトリックベースで言うと
ジャズベースのようで、マルチ対応というか優等生っぽくて、
あまり好きじゃないんですね。

(といいつつ、私の主力ベースはジャズベなんですが……)


その正反対ともいえる、テレキャスは、
なんというか、無骨で不器用なイメージがあり、
しかも、音も多彩ではない印象。


しかし、ストーンズのキース・リチャーズをはじめとして、
個性あふれるテレキャス使いもいる。


個性が強いギタリストに似合うギターというイメージですね。

つまり、万人が操れるギターではない。
人がギターを選ぶのではなく、
ギターが人を選ぶ。


個人的には、そんな印象があります、
テレキャスに対しては。


余談ですが、昔、
女の子バンドのチャットモンチーが好きになった理由は、
ヴォーカルの女の子がテレキャスを使っていたから。


女子がテレキャス。


それだけで、個人的にはめちゃくちゃポイント高かったですね。
カッコいいじゃないですか。


そんなこんなで、
音楽以前に、使用楽器で好きになるミュージシャンも、
いたりするわけです。


で、マイク・スターンも、
私の中では「すごいテレキャス使い」の1人。


よくもまぁ、あれだけの演奏をテレキャスから引き出せるな、と。


もちろん、演奏している曲やアルバムによって
好き嫌いはあるのですが、
このアルバムはグーですよ。(・∀・)b


エリック・ジョンソンとの共演盤です。


Eclectic
Eclectic


この記事へのコメント

  • 八神かかし

    フェンダーのギター、イイですよね。

    どちらかといえば無骨で質実剛健な形をしているギブソン。

    そして色気を感じてしまうフェンダーのギター。三つピックアップがあるストラストキャスターに対して、一つだけのテレキャスター。

    もしかして、テレキャスターって、色気と無骨の両方を持っているのかも。

    私の好みで言えば、木目柄でベージュのテレキャスターが一番カッコいいと思います!!
    2014年11月28日 22:07
  • >木目柄でベージュのテレキャスター

    渋い! 美しい!

    塗装がはがれたりと年季がはいったモデルは、もう美術品ですね。
    見惚れてしまいます。

    ああ、テレキャス弾くためだけにギターはじめよっかなぁ。
    2014年12月01日 21:06

この記事へのトラックバック