リッチVSローチ~2大ドラマーの対決


リッチとローチ。

語感は似ているけど、
ドラミングはまったく違いますね。


どちらが好み?


……となると、耳にしている頻度の多さからすると、
やはり、「モダンジャズ」のマックス・ローチ!
……ってことになるんでしょうが、


どうして、どうして、
スケール感の大きさや
歌心のようなものは、
バディ・リッチのほうが「格」が上に思えてならない。


ドラム好きやドラマー以外のリスナーが聴いても
興奮すること必至の内容なのではないかと。


リッチVSローチ~2大ドラマーの対決+4
リッチVSローチ~2大ドラマーの対決+4

▼収録曲
1. シング・シング・シング (別テイク) (ボーナス・トラック)
2. シング・シング・シング
3. ザ・キャスパー
4. ザ・キャスパー (別テイク) (ボーナス・トラック)
5. スリープ
6. フィギュア・エイツ
7. イエスタデイズ
8. ビッグ・フット
9. ビッグ・フット (別テイク) (ボーナス・トラック)
10. ライムハウス・ブルース
11. ライムハウス・ブルース (別テイク) (ボーナス・トラック)
12. トゥート、トゥート、トゥートシー・グッドバイ



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック