アパートメント デクスター・ゴードン



デクスター・ゴードンの『アパートメント』は、

内容はとても素晴らしいのに、

ジャケットで損をしているアルバムだと思うんですよね。



ジャケ写のゴードン、
いい表情をしているんですが、


おそらく初心者にとっては触手が伸びない、


というか、


だったら、まだ名盤本などでよく見かける
『ゴー』や『アワ・マン・イン・パリ』のほうが外れがなさそうと
直感的に感じちゃうんでしょうかね。



(ま、実際上記2枚も、ものすごく名盤ですが)


ただ、上記2枚は、
通好みな要素も封じ込められた意外と手ごわい内容なのに対して、

こちらの『アパートメント』のほうは、

徹頭徹尾聴きやすい、
親しみやすい演奏のオンパレードなんですよね。


スリルもあるし、
選曲のバランス、流れも良いと思う。



もっと多くのジャズ入門者に聴いて欲しいアルバムです。



ストレートに、テナーサックスという楽器の素晴らしさが
なんの説明もいらずに、
音だけで伝わってくるはずです。


Apartment
Apartment

▼収録曲
1.The Apartment
2.Wee-Dot
3.Old Folks
4.Strollin'
5.Candelelight Lady
6.Stablemates
7.Antabus


▼こちらのページにレビューを書いています。
カフェモンマルトル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック