サウンド・オブ・ジャズ!―JBLとぼくがみた音


一関『ベイシー』のマスター著、
『ジャズ喫茶「ベイシー」の選択―ぼくとジムランの酒とバラの日々』の新装版です(・∀・)b


オーディオマニアではない私でも
面白く読める本です。


常連客・タモリによる帯の一言が光る!


サウンド・オブ・ジャズ!―JBLとぼくがみた音 (新風舎文庫)
サウンド・オブ・ジャズ!―JBLとぼくがみた音 (新風舎文庫)


これで『ベイシー』に興味を持ったら、
今度は是非、村松友視・著の『「ベーシー」の客』も読んでいただきたいですね。

「ベーシー」の客
「ベーシー」の客


マスターの人柄、多少(かなり?)誇張されているんでしょうけど、
面白く読めます。


そして、これ読んじゃうと、
地方都市に行くと無性にジャズが聴きたくなり、
無意識にジャズ喫茶や、
ジャズが流れている店を探してしまう体質になってしまうのです。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック