ジャズ・スタンダード・セオリー


ベーシスト、納浩一・著の『ジャズ・スタンダード・セオリー』。



語り口はものやわらかですが、
内容は中級者向けかもしれません。



具体的には、

数回ジャムセッションを経験していて、
ある程度、初対面の人とは
演奏前の短い打ち合わせが出来て(共通言語とを持っていて)、
かつ、
自身のアドリブの守備範囲を広げたい人に
もっとも相応しい本だと思います。


もっとも、CDには演奏の実例が収録されているので、
書いてあることが難しい場合でも、
とにかもかくにも音を耳で吸収してしまうことも可能(・∀・)b


ジャズ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て (CD付)
ジャズ・スタンダード・セオリー ~名曲から学ぶジャズ理論の全て (CD付)

▼主な内容
第1章 メジャー・ダイアトニック・コードとその機能及びスケール
◎題材曲:『MACK THE KNIFE
1-A メジャー・ダイアトニック・コード
1-B 各メジャー・ダイアトニック・コードの機能
1-C ドミナント・モーション
1-D IIm7-V7-I(ツー・ファイブ・ワン)
1-E メジャー・ダイアトニック・コードに対するアベイラブル・スケール
1-F 各スケールのアボイド・ノート

第2章 ノン・ダイアトニック・コード その1 ~セカンダリー・ドミナント~
◎題材曲:『IF I WERE A BELL』
2-A セカンダリー・ドミナントとリレイテッドIIm7
2-B ダブル・ドミナント
2-C エクステンデッド・ドミナント
2-D 裏コード(サブV7)

第3章 マイナー・ダイアトニック・コードとその機能及びスケール
◎題材曲:『SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE』
『AUTUMN LEAVES
3-A 自然短音階(ナチュラル・マイナー)
3-B 和声的短音階(ハーモニック・マイナー)
3-C マイナー・ダイアトニックにおけるツー・ファイブ
3-D 旋律的短音階(メロディック・マイナー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック