キース・ジャレット チャーリー・ヘイデン


ベーシストがゲイリー・ピーコックの時と、
チャーリー・ヘイデンの時とでは、
キースが奏でるピアノの表情が微妙に変わるのが面白いですね。

録音した時期の差というのもあるのでしょうが
(この『ラストダンス』は2007年録音)、

スタンダーズ・トリオの時のゲイリー・ピーコックの場合は、
キースの頭の中のイマジネーションを触発し、

このチャーリー・ヘイデンとのデュオの場合は、
ベースの低音のバイブレーションに
キースの肉体が共振しているように聴こえます。


演奏に目新しさは特にないものの、
キースファンなら安心して聴ける内容だと思います。


Last Dance
Last Dance

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック