Live at Bradley's ケニー・バロン



ケニー・バロンは、
スタン・ゲッツとデュオで演った
『ピープル・タイム』のピアノが最高だと思ってます。


彼のリーダー作は、
正直、喰わず嫌いという気持ちが大きいのかもしれないけど、
なぜかあまり手がでない。


でも、それを押し殺して
『ライヴ・アット・ブラッドリーズ』を聴いてみると、
意外と、スンナリ心地よく聴けますネ。


《ソーラー》や《ブルームーン》、
なかなかですよ。(・∀・)b


Live at Bradley's
Live at Bradley's

▼収録曲
1. Everybody Loves My Baby, But My Baby Don'T Love No
2. Solar
3. Blue Moon
4. Alter Ego
5. Canadian Sunset

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック