現代ジャズ解体新書 ~村上春樹とウィントン・マルサリス



中山康樹・著の
『現代ジャズ解体新書 ~村上春樹とウィントン・マルサリス』。


この本は、ジャズが好きな人、といよりは、
ジャズシーンや、ジャズ評論に関心がある人向けの内容です。


ジャズ評論家の立場から見た
現代ジャズシーン。
というより、現代ジャズ評論シーン。


ウィントン・マルサリスの音楽が“つまらない”理由も、
まあまあ納得。


ジャズの歴史認識について、
油井史観への疑念を呈しているところは、
『かんちがい音楽評論』の続編としても読めるかも。


ただし、いちジャズファンや評論家が
これ読んで問題意識持ったところで、
シーンは何も変わらないし、
ジャズを楽しめるようになるわけでもなし。
(むしろ楽しめなくなる?!)


時代とか関係なしに、
純粋に「音」だけを楽しみたい人には
不要の本かもしれません。


私の場合も、
本書にも書かれているように、
「ふ〜ん、だから?」派の人間かも(・∀・)b


ただ、さすが中山氏、
最後まで一気に読ませる筆力はタダモノではないです。


ジャズが好きで、
活字が好きで、
たとえば東京から大阪の新幹線の移動中に
特に読む本が無い場合などに、
気軽に読むには適した本だとは思います。


サクッと一気に読めます。


現代ジャズ解体新書 ~村上春樹とウィントン・マルサリス (廣済堂新書)
現代ジャズ解体新書 ~村上春樹とウィントン・マルサリス (廣済堂新書)



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック