Kin パット・メセニー


久々にメセニーの(しかもグループの)新譜を聞くからなのだろうか、

この感じ、

なんだかとても懐かしい!


と同時に、やっぱり新鮮。


変わってないメセニーらしい部分の安心感と、
重さを湛えた新しい部分がバランスよく共存。



だから、一番最初に聴いたときから引き込まれるんだけれど、
きっと、聴く回数を重ねるにしたがって、
また新たな楽しみが増えていくんだろうと思います。


時間とともに、確実に名盤度が増していく感じがします。


Kin
Kin

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック