Plays Duke Ellington セロニアス・モンク


ひっそりと、厳かですらあるモンクのピアノ。

ウイントン・マルサリスも拝借している《キャラヴァン》のアプローチが秀逸。

若い頃はインパクトが薄いので今一つだと思って聴いていたんですが、
今はかなりの愛聴盤です。

思索的なモンクの一面が全面に出た秀作だと思います。


モンクの写真がレイアウトされたジャケットも出ていますが、
個人的には、ひっそりとしたジャングルのイラストのジャケットのほうが
このアルバムの雰囲気にマッチしていると思います。

Plays Duke Ellington
Plays Duke Ellington

▼収録曲
1. スイングしなけりゃ意味ないね
2. ソフィスティケイテッド・レディ
3. アイ・ガット・イット・バッド
4. 黒と茶の幻想
5. ムード・インディゴ
6. アイ・レット・ア・ソング・ゴー・アウト・オブ・マイ・ハート
7. ソリチュード
8. キャラヴァン


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック