トランペット・トッカータ ケニー・ドーハム


これがケニー・ドーハムのラストリーダー作だという
先入観を抜きにしても……



勇壮であればあるほど、
熱くなればなるほど、
なぜか哀しい気分になってしまう。



やはりケニーは哀愁のラッパ。



物哀しさが常に音に張り付いていて、
そこがとてもカッコいいと思うのです。


微妙な音のカスレや、
フレーズのふらつき。


そこまでを含めて、やっぱりケニー・ドーハムは良い!


Trompeta Toccata
Trompeta Toccata

▼収録曲
1. Trompeta Toccata (2006 Digital Remaster)
2. Night Watch (2006 Digital Remaster)
3. Mamacita (2006 Digital Remaster)
4. The Fox (2006 Digital Remaster)


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック