ミルト・ジャクソン オパス・デ・ジャズ


久々にミルト・ジャクソンの『オパス・デ・ジャズ』を聴いたら、
気持ちいいのなんの。


脳内にコロコロとミルトのヴィブラフォンの音が、
心地よく涼やかに転がる転がる。


しかも、フルートと音が綺麗に溶け合って、
音色だけでも心地よいですね。


音色と、音の転がり具合だけでも
楽しめる名盤ですね、
『オパス・デ・ジャズ』は。


オパス・デ・ジャズ
オパス・デ・ジャズ

▼収録曲
1. オパス・デ・ファンク
2. オパス・ポーカス
3. ユー・リーブ・ミー・ブレスレス
4. オパス・アンド・インタールード



▼レビューはこちらです
Opus De Jazz


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック