ヘレン・メリル No Tears No Goodbyes


伴奏は、ゴードン・ベックのキーボードのみ。
よってヘレン・メリルの歌唱をこころゆくまで堪能できるのです。

《プア・バタフライ》が好き♪

No Tears No Goodbyes
No Tears No Goodbyes

▼収録曲
1. When I Look In Your Eyes
2. I Love Paris
3. I Love Paris Too
4. Poor Butterfly
5. Bye Bye Blackbird
6. I Got It Bad
7. I Got It Good
8. The Thrill Is Gone
9. By Myself

この記事へのコメント

  • 八神かかし

    ヘレン・メリルとは全く関係ないのですが、No Tears No Goodbyesというタイトル、なぜか気になってしまいます。

    そういえば最近、タイトルをそのまま英語の発音のままカタカタ表記することが大半なのでは、と感じたりします。

    でも昔は、粋な日本語訳を付けていたこともあったのでは。

    で、このNo Tears No Goodbyes、なんとなく「別れは涙を誘うもの」なんて日本語が浮かんできました。

    音から得た情感を言葉にすることが音楽評論だとするなら、カタカナ英語よりもタイトルを日本語にして、そこに情感を引き起こすのも音楽評論かも、なあんて思ったりもしております。
    2013年12月10日 22:03
  • 八神さん

    >カタカナ英語よりもタイトルを日本語にして、そこに情感を引き起こすのも音楽評論かも、なあんて思ったりもしております。

    あ、それ、私も同感です。

    そのあたり批評とか評論とかとはまったく違ったセンスが必要になってきそうですが……。

    「別れは涙を誘うもの」。
    いいですね~(・∀・)b
    2013年12月11日 18:04

この記事へのトラックバック