Jazz At The Plaza Miles Davis


《イフ・アイ・ワー・ア・ベル》では、
マイルスがソロを吹いている途中でマイクの調子が悪くなってしまい、
なんだか遠くから鳴り響いているように聴こえてしまう。


しかし、このようなハプニングを差し引いても、
マイルスのソロは素晴らしいのです。


『アット・ニューポート』と共に、
ビル・エヴァンスがピアノの椅子に座っていた時代の貴重なライブ記録です。


ジャズ・アット・ザ・プラザ
ジャズ・アット・ザ・プラザ

▼収録曲
1. イフ・アイ・ワー・ア・ベル
2. オレオ
3. マイ・ファニー・ヴァレンタイン
4. ストレイト,ノー・チェイサー

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック