Leprechaun チック・コリア




「妖精」をテーマにした
チック・コリアの知られざる傑作。


学生の頃、はじめて聴いたときは、
正直あまりピンと来なかったんですね。


しかし、たまにCD棚から取り出して聴いているうちに、
少しずつ良さが染みてきました。


その良さというのは、音楽的な「芯」がしっかりしていること。


つまり、アルバムのコンセプトと、
それをキチンと体言している楽曲のアレンジの良さ、
加えてアルバム全体の構成と演出が考えられており、
メンバー全員がそれを汲み取った上で
丁寧な演奏をしているところが、
何年聴き続けても飽きないポイントだと思っています。


Leprechaun
Leprechaun

▼収録曲
1. Imp's Welcome
2. Lenore
3. Reverie
4. Looking At The World
5. Nite Sprite
6. Soft And Gentle
7. Pixiland Rag
8. Leprechaun's Dream
9. Bonus Track


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック