ビル・エヴァンス フロム・レフト・トゥ・ライト



あのエヴァンスもエレピに手を出した!


ということで、ながらくエヴァンスファンからも
そっぽを向かれていたという不遇な作品。


エヴァンス=アコースティックピアノ
という図式、
今でも根強く残っているのかな?


しかし、このような先入観をはずして聴けば、
イージーリスニングっぽいアレンジも散見されるけど
(特にオーケストラのアレンジなど)
エヴァンスが弾くエレピもなかなか悪くないことに気付くはず。


ちょっと割れたくすんだ音色が最高。


逆にこの音色に眉をひそめたジャズファンが当時は多かったであろうことも容易に想像がつく。


フロム・レフト・トゥ・ライト+4
フロム・レフト・トゥ・ライト+4

▼収録曲
1. これからの人生
2. アイム・オール・スマイルズ
3. ホワイ・ディド・アイ・チューズ・ユー?
4. ソワレ
5. ザ・ドルフィン~ビフォア
6. ザ・ドルフィン~アフター
7. ララバイ・フォー・ヘレン
8. ライク・サムワン・イン・ラヴ
9. チルドレンズ・プレイ・ソング
10. これからの人生 (別テイク)
11. ホワイ・ディド・アイ・チューズ・ユー? (別テイク)
12. ソワレ (別テイク)
13. ララバイ・フォー・ヘレン (別テイク)



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック