Arrival of Victor Feldman ビクター・フェルドマン


ビル・エヴァンス・トリオに参加する前年のスコット・ラファロのベースを聴くことができます。
うむ、この頃から素晴らしい躍動感。


フェルドマンももちろんイイのだけど
(たぶんヴィクター・フェルドマンのアルバムの中では最高傑作?!)
やっぱり、ラファロの低音に耳奪われてしまう。

そんなアルバムなのです。



Arrival of Victor Feldman
Arrival of Victor Feldman

▼収録曲
1. Serpent's Tooth
2. Waltz
3. Chasing Shadows
4. Flamingo
5. S'Posin'
6. Bebop
7. (There Is No) Greater Love
8. Too Blue
9. Minor Lament
10. Satin Doll

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック