ラズウェル細木のブルーノート道案内

bluenote.jpg

『ラズウェル細木のブルーノート道案内』。


ラズウェルさんは、やっぱりジャズ漫画が一番!

学生の頃は、『ジャズ批評』に連載されていた
「ときめきJAZZタイム」も私にとっては楽しいジャズ教科書でした。
(もちろん単行本も)


だから、ラズウェルさんのジャズ漫画は無条件に大好きヽ( ̄▽ ̄)ノ

ブルーノート・クラブの会報誌に連載されている漫画が単行本になっちゃったのです。


名著かつ代表作の『ときめきジャズタイム』に比べると、内容はマニアックではなく、どちらかというとジャズに興味を持った初心者向けの本です。

しかし、ラズウェルさんファンは必読の書といえましょう。

あの心なごむ絵のタッチが、なぜだかホンワカだけど絶妙にジャズしてるんですよ。





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック