ハンプトン・ホーズ For Real


ハンプトン・ホーズの隠れ(?)名盤。

for_real.png


なんたって、ベースがスコット・ラファロですから。


「ビル・エヴァンスと組む前のラファロは、ピアノトリオでどういうベースを弾いていたの?」
という興味も満たせることでしょう。


エヴァンスとの共演があまりにも有名なので、
スコット・ラファロといえば、
「メロディアスで音数の多いベーシスト」というイメージが強いのでしょうが、それだけがラファロのスタイルではありません。


むしろ、それ以前に、

ラファロのベース=太くて豪快

ということを知るには丁度良いアルバムだと思います。


このように、しっかりとした土台があったうえで、
さらなる「次」を求めて、
エヴァンスとのインタープレイと呼ばれる
新たなるスタイルに突入していったのです。


For Real
For Real

▼収録曲
1. Hip
2. Wrap Your Troubles In Dreams
3. Crazeology
4. Numbers Game
5. For Real
6. I Love You

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック