Easy Living ソニー・ロリンズ



バリバリの4ビート派からはソッポを向かれそうな
フュージョン指向のロリンズ・アルバム。


なんたって、ジョージ・デュークと組んでますからね。


サウンドの軽さ、緩さは、
「そのような時代」に吹き込まれた
「そのようなテイスト」なので致し方ないにしても、
スティーヴィー・ワンダーの《イズント・シー・ラヴリー》を
気持ちよく吹くロリンズを聴いていると、
こちらまで気持よくなってくるのです。

Easy Living
Easy Living

▼収録曲
1. Isn't She Lovely
2. Down The Line
3. My One And Only Love
4. Arroz Con Pollo
5. Easy Living
6. Hear What I'm Saying

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック