Embraced セシル・テイラー メアリー・ルー・ウィリアムス


セシル・テイラーがわからない、難しいと感じている人、少なくないようです。


でもね。

メアリー・ルー・ウイリアムスと共演した
『Embraced』を聴けば、
分かる・分からないといった
アタマの要素ではなく、
カラダでスゲェッ!w( ▼o▼ )wと感じるはず。


メアリー・ルー・ウィリアムスとのピアノデュオなんですが、
彼女の重厚かつ荘厳なピアノと
セシルの跳躍自在なピアノがブレンドされると、
これはもう圧倒的としかいいようのない巨大な音の彫刻が完成するのです。


大音量!
できれば大音量で聴いて、
考えるのではなく、感じてみて。


なんて書くと、ブルース・リーみたいですが(笑)。
⇒Don't think.FEEL!

Embraced
Embraced

▼収録曲
1. The Lord Is Heavy (A Spiritual)
2. Fandangle (Ragtime)
3. The Blues Never Left Me
4. K.C. 12th Street (Kansas City Swing)
5. Good Ole Boogie
6. Basic Chords (Bop Changes On The Blues)
7. Ayizan
8. Chorus Sud
9. Back To The Blues
10. I Can't Get Started

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック