死刑台のエレベーター



これを観てから、

死刑台のエレベーター ブルーレイ [Blu-ray] / ジャンヌ・モロー, モーリス・ロネ, ジョルジュ・プージュリー, フェリックス・マルタン, リノ・ヴァンチュラ (出演); ルイ・マル (監督)
死刑台のエレベーター ブルーレイ [Blu-ray] / ジャンヌ・モロー, モーリス・ロネ,...


改めてこれを聴くと、

死刑台のエレベーター [Limited Edition] / マイルス・デイヴィス, ヴァルネ・ウィラン, ルネ・ユルトルジュ, ピエール・ミシェロ, ケニー・クラーク (演奏) (CD - 2013)
死刑台のエレベーター [Limited Edition] / マイルス・デイヴィス, ヴァルネ...

聴こえ方が変わってきます。


私の場合、
最初にアルバムを聴いた時は、
⇒禁欲的なマイルスの世界だな~( ̄ー ̄)

映画を観た後は、
⇒サスペンスなトランペットだな~( ̄ー ̄)

という状態が長く続き、

今では、
サスペンス映画のサスペンスな音楽でありながらも、
やっぱりマイルスの存在感が濃厚に漂うな~( ̄ー ̄)

という感じです。


もちろん、映画単体も素晴らしいです。


janne_morrow.png


ルイ・マル監督といえば、
私は『地下鉄のザジ』が昔から大好きだったのですが、
『死刑台のエレベーター』を観ると、
ルイ・マル監督の多彩な表現力と懐の深さ、
というよりも、非凡なセンス、
ただものじゃないな~ということがよく分かります。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック