ジャズコーナーで会いましょう




ピー・ウィー・マーケットのアナウンスが聞けるだけでも、
『バードランドの夜』と同様の期待感で気持ちが高陽する。


その高揚した気持ちを裏切らない演奏。


嗚呼、ショーター。
嗚呼、モーガン。



Meet You at the Jazz Corner of the World

Meet You at the Jazz Corner of the World

  • アーティスト: アート・ブレイキー・アンド・ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
  • 出版社/メーカー: Blue Note Records
  • 発売日: 2001/12/13
  • メディア: CD
▼収録曲
Disc1
1. Announcement By Pee Wee Marquette
2. The Opener
3. What Know
4. The Theme
5. Announcement By Art Blakey
6. Round About Midnight
7. The Breeze And I

Disc2
1. Announcement By Pee Wee Marquette
2. High Modes
3. Night Watch
4. The Things I Love
5. The Summit
6. The Theme



この記事へのコメント

  • 八神かかし

    ショーターにモーガンが参加している頃のメッセンジャーズって、来日した時と同じメンバーなのかな?

    なあんてことを、二人の名前を読んでふと思ったりしております。

    モーニンのイントロを口ずさんで自転車に乗っている蕎麦屋の出前もいたとかいう伝説。そんなことも思い浮かんできます。
    2013年04月16日 15:11
  • 八神さん

    このアルバムのパーソネルは、来日したときと同じメンバーですよ。
    フロントが、ショーター、モーガン。
    ピアノがティモンズ、ベースがジミー・メリットです。

    でも、ショーター&モーガン参加のメッセンジャーズでは、『インディストラクティブル』のように、カーティス・フラーのトロンボーンが参加した編成の時期もあります。
    個人的には、フラーのトロンボーンも好きなので、3管のアンサンブルも好きですし、個性がみなさん強いので、ソロを聴くのも楽しみだったりします。
    2013年06月05日 14:37

この記事へのトラックバック