Davis Cup Walter Davis Jr.




辛口か甘口かと問われれば、
けっこう甘口かもしれない。


ウォルター・デイヴィス作曲の
砂糖のように甘いメロディが
一瞬、「こんなにわかりやすくていいの?」
となるんだけれども、
フロントのドナルド・バードと
ジャッキー・マクリーンによる勢い溢れる演奏が、
その分かりやすくて甘いメロディに加熱処理を施し、
それ以前に、リズムセクションのサム・ジョーンズとアート・テイラーが、柔らかくもバネのある屋台骨を構築してくれるものだから、ハードバップ特有の単に甘さに流されない「甘黒さ」が形成され、それがなんともいえない楽しさと興奮を呼び覚まさせてくれるんですよね。


滅多に聴かないのだけれど、たまに聴くと、とても楽しい気分になれる好盤なのです。


Davis Cup

Davis Cup

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Blue Note Records
  • 発売日: 2007/08/20
  • メディア: CD
▼収録曲
1. 'S Make It
2. Loodle-Lot
3. Sweetness
4. Rhumba Nhumba
5. Minor Mind
6. Millie's Delight



▼こちらのページにレビューを書いています。
カフェモンマルトル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック