Art Pepper Meets the Rythm Section




ポイントは、アート・ペッパーと
レッド・ガーランドの相性の良さだと思う。


まろやかで、柔らかいコクが生み出されて。
でも、どこかエッジが立っているところもあって、と。


西海岸と東海岸。
拠点が違い、さらに当時のガーランドはマイルス・クインテットの一員だったため、これ以上の二人の共演は聴けないんだけど、この時期の冴えわたるペッパーの歌心と、スインギーにころころと弾むガーランドのピアノが絡んだ演奏、もっと聴きたいなと思うのは私だけはないでしょ、きっと。


名盤ゆえ「耳タコじゃい!」なマニアも多いでしょうが、
いまいちど、ガーランドの名イントロに注目してみましょう。


うーん、これしかない!
というぐらい、絶妙に美しいイントロのオンパレードですよ(・∀・)b



Art Pepper Meets the Rythm Section

Art Pepper Meets the Rythm Section

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Apo
  • 発売日: 2013/03/12
  • メディア: CD
▼収録曲
1. You'd Be So Nice to Come Home To
2. Red Pepper Blues
3. Imagination
4. Waltz Me Blues
5. Straight Life
6. Jazz Me Blues
7. Tin Tin Deo
8. Star Eyes
9. Birks' Works
10. Man I Love



▼こちらのページにレビューを書いています。
カフェモンマルトル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック