サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン




やっぱり深い!
《バードランドの子守歌》の歌唱の決定盤!

これ聴いて、それでも人前で歌おうと思う歌手は、
よっぽどの自信家かチャレンジャーだと思う。

カサンドラ・ウィルソンがビリー・ホリデイの《奇妙な果実》をレコーディングするに至るまでは、長年の迷いと葛藤があったように、これだけ完成されたひとつの世界を提示されてしまった《バードランド~》を聴いてしまうと、否が応でも自身のアイデンティティを掘り下げざるを得ないんじゃないかと思うのです(そんな深刻なことではないのかもしれないけど)



サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン+1

サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン+1

  • アーティスト: クリフォード・ブラウン,ハービー・マン,ポール・クィニシェット,ジミー・ジョーンズ
  • ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2011/06/22
  • メディア: CD
▼収録曲
1. バードランドの子守唄
2. エイプリル・イン・パリ
3. ヒーズ・マイ・ガイ
4. ジム
5. ユーアー・ノット・ザ・カインド
6. エンブレイサブル・ユー
7. アイム・グラッド・ゼア・イズ・ユー
8. セプテンバー・ソング
9. イッツ・クレイジー
10. バードランドの子守唄 (別テイク)


▼こちらのページにレビューを書いています。
カフェモンマルトル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック