聴く鏡 菅原正二




東北を訪れるたびに、
ついつい足を運んでしまう一関のジャズ喫茶「ベイシー」。


なんだかんだで訪問したくなるのは、
なるほど、「居座る原理主義」の術中(?)に知らず知らずはまっていたからなのか?!


趣味は面倒なものに限る。
面倒は愉しみを持続させ、
楽はアクビをさそうだけだから




なるほどexclamation

読みごたえあり!


聴く鏡―一九九四‐二〇〇六 (SS選書)

聴く鏡―一九九四‐二〇〇六 (SS選書)

  • 作者: 菅原 正二
  • 出版社/メーカー: ステレオサウンド
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック