ケニー・バレル ソロ・ギター・コンサート



ケニー・バレル、78歳のときのライブです。



今から3年前の2009年にボストンにて、
ギター1本で挑んだソロコンサート。




これを聴いて感じるのは、
ケニー・バレルは
良い意味で変化をしていないんだなということ。



彼流のスタイルは、すでにブルーノートからリーダー作を発表していた頃から完成されており、あとは、自分の表現を深く深く掘り下げていくギター人生だったのだなと思います。



TENDERLY-SOLO GUITAR CONCERT [CD] / KENNY BURRELL (CD - 2011)
TENDERLY-SOLO GUITAR CONCERT
▼収録曲
1. Tenderly
2. Remembering Wes
3. Autumn Leaves
4. Spoken Introduction
5. No more-Don't Explain-But Beautiful
6. A Child Is Born
7. Spoken Introduction
8. What A Wonderful World
9. Spoken Introduction
10. Soulful Brothers
11. Spoken Introduction
12. Azure-I Ain't Got Nothin' But The Blues
13. Come On Blues
14. Recado Bossa Nova
15. Spoken Introduction
16. Why Did I Choose You-My Foolish heart
17. Spring Can Really Hang You Up The Most
18. Spoken Introduction
19. Be Yourself
20. Come Rain Or Come Shine
21. Prelude No.3: Butterflying(excerpt)





単に「円熟」という言葉だけでは片付けられない、
マイルドで奥深いケニー・バレルのギターをどうぞ。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック