John Coltrane『The Believer』評


本日2012年1月10日より、ちょうど54年前の1958年1月10日に、ジョン・コルトレーンはアルバム『ザ・ビリーヴァー』収録の《ザ・ビリーヴァー》と《ネイキッド・セレナーデ》を録音しました。


Believer [CD, Import, From US] / John Coltrane (CD - 1996)
The Believer/John Coltrane
アマゾンで購入⇒ビリーヴァー/ジョン・コルトレーン

コルトレーンが開発したシーツ・オブ・サウンズがほぼ完成の域に達した時期をとらえた演奏で、よどみなく流れてゆく音符の洪水が、なんともいえない心地よさを感じます。


ちなみに、コルトレーンのシーツ・オブ・サウンズを「目」と「音」で感じたい方は、下に貼り付けたYout Tubeの《ジャイアント・ステップス》の映像をご覧になり、その凄さを体感してみてください。

すごい!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック