かんちがい音楽評論、まだ読んでないのであります

kanchigai.jpg
かんちがい音楽評論[JAZZ編]/中山康樹



先日ご紹介した中山康樹氏の新刊『かんちがい音楽評論』ですが、
じつはまだ読んでおりません。

というより、
まだ、注文した本が届いてないのです。

アマゾンって、
ふつうは注文すると
その日のうちに届いたりすることもあるぐらい早いのですが、
ことジャズ関係のものになると
届くのが遅いことがあります。


発売前に予約注文したCDや本はすぐに届くのですが、発売後に注文すると「しばらくお待ちください」のお知らせがくることが多いのです。

きっと刷り部数や作り部数の少なさも関係あるんじゃないかと思います。

生産数が少ないと、すでに発売前から予約している熱心なマニアのところに配送してしまい、ストックがなくなってしまうのではないかと。
で、なくなったストックを版元やレコード会社から取り寄せている間、タイムラグが生じてしまうぶん、配送が遅くなってしまうのでしょうね。

そんなこんなで、私のところにはまだ本が届いておらず、「はやく読みてぇ~」状態なのであります。

もしかしたら、日本にあと72人ぐらいは(?)、私と同じような症状の方もいらっしゃるかもしれず、そのようなストレスを感じられている方は、先に読みはじめられているいっきさんのブログの中間レポートをご覧になるとよいでしょう。

▼こちらです
いっきのJAZZあれこれ日記/「かんちがい音楽評論」が届きました。

第1章のさわりがチラリとだけ分かったような気に(?)なります(笑)。

いっきさん、レポートの続編お願いします!←と、むちゃぶり




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック