Jimmy Smith『A DATE WITH JIMMY SMITH VOL.1』評


本日2012年2月11日より
ちょうど55年前の1957年2月11日に、ジミー・スミスは、ブルーノートの『ア・デイト・ウィズ・ジミー・スミス vol.1』に収録されている《フォーリン・ラヴ・ウィズ・ラヴ》と《ファンクス・オーツ》をレコーディングしました。


ア・デイト・ウィズ・ジミー・スミスVol.1(紙ジャケット仕様) [Limited Edition, Original recording remastered] / ジミー・スミス, ドナルド・バード, ルー・ドナルドソン, ハンク・モブレー, エディ・マクファーデン, アート・ブレイキー (演奏) (CD - 2003)
ア・デイト・ウィズ・ジミー・スミスVol.1
 アマゾンで購入⇒A Date With Jimmy Smith vol.1



ドラマーにアート・ブレイキー、
トランペットがドナルド・バードに、
アルトサックスがルー・ドナルドソン、
テナーサックスがハンク・モブレイという、超豪華な布陣でのセッションです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック